2010年06月02日

ボニートの水

 こんにちは、あんじょです。先日、私たちが住んでいるところから最も近いボニート(Bonito)という観光地に行ってきました・・・と言っても、観光にではなく、ちょっとボランティア活動のお手伝いということで知り合いの家に泊めさせてもらったのですが、意外な事実を聞きました。

bonito.jpg ボニートと言えば、天然の水族館と称賛されるくらい、川や湖の水が透明で澄みきっていて美しいのですが(詳しくはブラジル観光・文化を参照)、そのさぞかし美味しいのでは・・・と誰しもが考えるそのボニートの水。実は、生活用水としては実に厄介みたいですよ。

というのもこの地域には豊富に石灰岩が含まれており、それがその水を浄化するためなのだそうですが、そのため水道水にも石灰分が含まれていて、しばらくすると水道管のパイプが詰まったりするそうです。また、シャワーを何日か浴びたのですが、白い垢が出たり、髪の毛がバリバリになったりもしました。

それで何よりもまず、浄水器が必需品のようなのですが、貧しくて仕方なくそのままの水を飲んでいる人たちはやはり体の中に石が溜まりやすいようです。

 こんなに自然に流れる水は澄んできれいなのに、ここで暮らす住民は皮肉にも水を買って飲まないといけないなどとは夢にも思いませんでしたね。
 

 ⇒ 今日の海外生活(ブラジル)ブログランキングは?

***********************************

E-mail : afupanjo@gmail.com

ホームページURL : 「南米ブラジル・ボランティア日記」

***********************************
【関連する記事】
posted by あんじょ at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151856506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 
南米ブラジル子育て日記〜海外生活・文化の違い〜 TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。