2009年06月09日

フェスタ・ジュニーナ(Festa Junina)




 こんにちは。6月に入って、日本では梅雨の時期を迎えようとしているところでしょうか?
FestaJunina1.JPG
 ここブラジルでは、これから冬の時期に入っていくのですが、この6月は、カトリックの三大イベントの一つである聖ヨハネの祝日があり、それにちなんだお祭りが全国的に行われます。(実際には、その前後の聖アントニオ、聖ペテロの祝日も合わせたカトリック行事と、また火祭りや収穫祭などの伝統行事とミックスになっているようです)それで、今月から来月にかけて毎週、町の各学校が入れ替わり立ち代わり、このイベントを催していきます。

 普通、ブラジルのフェスタと言えば、露出度の多い衣装を纏い、腰の振りの激しいダンスで熱狂するという感じなのですが、このお祭りでは、男性はタータンチェックのシャツにネッカチーフ、ぼろぼろのジーンズに麦藁帽子、眉毛をつなげ、もみ上げとちょび髭を顔に描き、女性はチェック柄のワンピースにエプロン、髪の毛を三つ編みにし、りんごほっぺにそばかすの化粧をし、農夫のような田舎風の衣装を纏います。そして、結婚式の寸劇の後、アコーディオンの伴奏に合わせ、クアドリーリャ(Quadrilha)と呼ばれるフォークダンスが始まるというもので、可愛らしい子どもたちの発表会という感じです。
FestaJunina2.JPG
以前、長女が初めて参加した時、衣装を揃えないといけなかったのですが、みんな知ってるものとして、先生もよく説明してくれず、私たち自身そのイメージが分からなかったので、普段着のような格好で送り出してしまって、ちょっと失敗してしまった覚えがあります。

 また冬であるにもかかわらず、普通は夜に行われるので、本当に寒かったりして、特に小学校低学年の小さい子が参加する時は、親としては気を遣います。

前回もお話しましたように、ブラジルにはお風呂で温まるという発想はありませんので、たき火をするか、あるいは熱いマテ茶を回し飲みするか、またはお酒で体を温めるかという感じです。それでも、みんな真夜中まで平気で楽しんでいます。本当に好きなんですよね〜。

***********************************

E-mail : afupanjo@gmail.com

ホームページURL : 「南米ブラジル・ボランティア日記」〜ブラジル生活情報あれこれ〜

***********************************
posted by あんじょ at 13:49| Comment(0) | ブラジル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
南米ブラジル子育て日記〜海外生活・文化の違い〜 TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。